上手にサプリメントをとりいれましょう

21ms_00
人生を楽しく生き生きと過ごすには、最適な健康を保つことが大切です。 そのためにはバランスの良い食事が必要ですが、土壌の劣化や環境汚染などに より野菜類の栄養価が著しく低下してしまっています。 例えば、ほうれん草のビタミンCは50年前に比べ、なんと4分の1に激変! これでは食事から十分な栄養素を摂ることは難しくなっていると言わざるを得ません。 食事での摂取が難しい栄養素は、サプリメント(栄養補助食品)で補うことが 米国では有効な方法とされています。サプリメントは、ビタミン、ミネラル、 アミノ酸、脂肪酸、食物繊維といった栄養素、ファイトケミカル(食物の抗酸化栄養素の総称) や西洋ハーブ類、その他の動植物の有効成分など、体に有用とされる物質を含む食品です。
21ms_01

ドクターが推進する“メディカルサプリメント”

21ms_02

■ナチュバイタル
ビタミンだけでなくミネラルも配合したナチュメディカ自慢のサプリメント。

21ms_03

■ミル・チカラ
目を活性酸素から保護するアイサプリ。美容や脳の健康にも効果。

21ms_04

■コエンザイムQ10
エネルギー生成に欠かせない脂溶性の栄養素。オーラルケア効果も。

■クロム 炭水化物を効率良くエネルギーに! ■ケルセチン アレルギーの緩和に ■ガンマリノレン酸 現代人の食事からは摂り切れない脂肪酸 ■マグネシウム 血圧を下げる心強い栄養素 ■ビタミンC 免疫力アップだけではない奥の深い栄養素 ■ビタミンE 血液の粘度を下げてサラサラに! ■アミノメグリィ 18種類のスーパーアミノ酸 ■ミルクシスル お酒をたくさん飲まれる方へ ■ブラックコホシュ 更年期でお悩みの方へ ■エキナセア 風邪をひきやすい方へ ■ギンコ 記憶力の維持のために

メディカルサプリメントを開発・監修したドクターたち

21ms_06

医学博士 マイケル・ジャンスン(Michael Janson,M.D.)

米国予防医学協会前会長であり、栄養補助食品(サプリメント)や食事・運動で 健康指導をする栄養療法の第一人者です。ドクタージャンスンは、ビタミン・ ミネラルを中心としたサプリメントによる病気の予防、症状改善のための栄養療法を 30年来実施し、多くの患者さんを健康へと導いています。多くの日本の栄養療法を学ぶ 医師のカリスマ的存在ともいえます。メディカルサプリメントは、 そんなドクタージャンスンにより監修、開発された栄養価の高い健康補助食品なのです。
21ms_07

ドクタージェフ・ダーシー (Geoff D’Arcy,Lic.Ac.,D.O.M.)

ナチュメディカの“ハーブ系サプリメント”を開発したドクタージェフ・ダーシーは、 漢方の配合原則をもとに世界のハーブを取り入れ、効果の高い独特のハーブの サプリメントを開発。25年以上にわたり、米国にて東洋と西洋の対症療法と 代替医療の最も良い部分を統合。カラダが本来持つ自然治癒力を促する鍼灸療法と、 天然の優しいハーブを用いながら、患者さんを治療し続けています。