02a
日本人の平均寿命は年々上がり、厚生労働省は2004年には女性85.33歳、男性78.36歳と発表しています。今後、新薬の開発、栄養管理、適正な運動などが総合的に働いていくと、約4年サイクルで1歳ぐらいずつ、さらに寿命が延長されるという予測があります。
日本人の平均寿命 女性85.59歳 男性78.64歳 しかし、気が付けば、最近の私たちを取り巻く自然環境は大きく変化をしています。空気や水は汚れ、有害な紫外線が降り注ぎ、酸性雨が土を荒らし、そこで育つ植物やそれを食べて生きる生物にも汚染が進んでいます。
02b
こういう時代だからこそ、私たちは、どういう生活をし、何を食べ、何を選択して生きるのかということを考えなければなりません。私たちは、無機質なサイボーグではなく、人間なのですから。ただ与えられるのではなく、こうなりたいという理想の自分を掲げ、しっかりとしたモチベーションを持ち、それに向かって努力していくことが必要です。
DNAの構造から推測すると、人間の生命学的寿命は125歳余りとも言われています。将来、抗加齢医療が著しく効果を現してきたとき、もしかしたらこんな世の中になるかもしれません。50~60歳での出産が可能になり、60~70歳でフルマラソンを完走、80~90歳で仕事を引退し、余暇を楽しむ元気な100歳が増える…。今こそ、元気な100歳を考える医療が必要なのです。